Home > Archives > 2011-12

2011-12

良いお年を!!

みなさんいよいよ来年がやってきます!
わくわくしますね?
新しくなることは!
来年も宜しくおつきあいください。
良いお年を!!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

師走の現場12月29日

師走の12月27日先日竣工した平尾のY邸のすぐ側で、新しい現場が始まっています。
K邸の現場です。

ここは擁壁(土を押さえる壁)がたくさんあり、まずはその工事からはじまっています。


地盤があまり良くないので、写真のように鉄骨の柱を地中に差し込んで、その間に矢板と呼ばれる土押さえの木の板を入れていきます。これを山留めと言って作業をするための仮設です。
これは次にコンクリートの壁を作る為の仮設で本設ではありません、



上の写真は、南側道路側の擁壁の仮設の山留めの完成系です。
建物ができてしまえば、あまり気付かれないのですが、かなり大変な作業を現場では行って
いますし、コストも非常にかかります。
建築ができるまでには陰の作業がたくさんあります。
みなさんも違った目で建物をみると、完成するまでの大変さを
ご理解しやすいかもしれませんね。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

師走の現場ー1(12月28日)

湯布院の現場です。
1階壁の配筋が終わり型枠が進み、屋根の配筋がほぼおわりました。
配筋検査をすませ29日にコンクリート打設です。2〜3日前は
雪が降って気温も下がり作業すらできないじょうきょでしたが、
現場担当者の竹本さんや職人のみなさんの努力で年内にコンクリートが
打つことができました。みなさん来年も宜しくお願いいたします。

型枠があがったことによって建物の形状もよくわかるようになりました。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Y邸

平尾の丘の上にY邸が竣工いたしました。
コンクリート打放しの外観で、一部を杉板の型枠
(普通はコンパネ)を使用して表情を柔らかくしました。
また緑化をかなりしていただいたので、コンクリートの堅さが
あまりなくなっており、とても良かったと思います。
内部は外観とはうって変わって、珪藻土の壁に木を合わせた
暖かみのある空間となっています。
リビングからは北側に市内の風景が見渡せてとても気持ちのよい
空間となっています。


  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
サイト内検索
Feeds