Home > Archives > 2012-07

2012-07

解体進行中1

現在計画中の住宅。
30年以上使用された住宅を解体し、
新しく立て替える計画です。
ご両親とご夫婦、二人のご子息の2世帯が
住まわれる予定です。
地盤自体に以前問題があったとのことで、
地盤調査等をすすめるため、解体工事に着手しました。
現在解体中ですが、30年以上住まわれた様々な思いが
籠った住宅を解体する時は部外者の私でも、しんみりします。
自分が設計した建物は何年使われるんだろう。。。
いや、何十年、何世代にも渡って使われていく住宅にしなければ
と思います。
昨日解体の進捗状況を確認するのと、周辺から建物が
どのように見えるかを再確認するため、計画地に伺いました。
しかしこの解体中の住宅は少々変わっていまして、外観から見ると
ちゃんと建っているときは木造にしか思えなかったのですが、
図面をみると主構造は鉄骨でした。。。ん〜なかなか考えられている。
今はこのように鉄骨の骨組みだけになりました。

おおらかな時代に建てられたせいか、基礎も今では考えられない感じですね。

ついでに、インフラの位置確認。以外とこういうの大事です。水道、排水、ガス、電気等ですね。



敷地は北側前面道路を挟んで隣地のお屋敷の石垣と緑が広がり、南は調整池を利用した公園が眼下に広がり、遠方の景色も楽しめます。
なかなか良い土地です。一緒に行ったアルバイトの大学院生のT・N君も「テンションあがりますね!!」と楽しそうでした。

公園側から見るとこのような感じです。真ん中の赤い鉄骨がみえているところです。


さっ!解体もすすんでいるということで、気合いの入れなおしです。
スタディ模型で様々な検討をすすめていきます。



  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
サイト内検索
Feeds