Home > ケンチク > 日田の古民家

日田の古民家

  • 2016-11-01 (火) 19:39
  • 作成者:BOSS

10月中旬、ひかり生活デザインさんのイベントで、日田の古民家を見学にいかせてもらいました。
田園風景のなかに、この直線的なアプローチ!広角レンズでとるとさらに長くみえます。
しかし、直線的にまっすぐ入るのではなく、一旦クランクして玄関前の前庭に
入るところが、なかなか巧みでした。
hita_46_hita_22_


明治20年に建築されたこの建物は、大分県の近代和風建築選定建築物に
選ばれています。
名称は「伊藤家住宅」、ただ私とはまったく関係はございません。。。
玄関です、奥に見えるのは当時は貴重であったであろう、装飾ガラスですが、
なかなか繊細なものです。
hita_23_hita_25_
そしてこの堂々たるケヤキと思われる小あがり。
hita_27_
玄関から見える表座敷です(ちょっと写真が傾いていますが。。スミマセン)。
hita_28_
玄関の前庭から見える奥座敷への縁側。建具のデザインが見事です。とてもモダンです。
そして奥座敷の向こうに奥の庭がみえます。空間構成がすばらしいです。
hita_24_
奥座敷二つの縁側に挟まれた、非常に開放的な座敷で、非常に明るい。
この開放感が和の空間構成の大事なところでもあると思います。


hita_30_hita_34_hita_31_hita_32_
奥のお庭

hita_37_
ハレとケがとてもわかりやすく構成された住宅です。
奥にはこんな炊き場も。。
hita_44_
蔵も2〜3棟ありました。蔵の入り口もなかなか凝った建具が取り付いていました。
130年も経っていますが、どの建物もなかな状態が良いように感じられました。
ある専門家の方は基礎がしっかりしているので、
非常に良いと言われていたそうです。
hita_42_


この建物、ご当主がご高齢の為、今回売却をご希望されています。
敷地面積はなんと723坪、建物も174坪ございます。希望価格は4,800万円とのことです。
日田の豆田町からも10分程度。
既存の建物を上手に利用し、実績のある方々が運営する、和食や洋風レストラン、オーベルジュなどにもってこいかと思われます。ご興味のある方は当方または、ひかり生活デザインさんの春口さんまで→http://hikarisd.com/

このページのトップへ...

サイト内検索
Feeds